保健室からのお知らせ

生活リズムチャレンジ

7月の生活リズムチャレンジの期間が始まります。

  

5月の生活リズムチャレンジでは、具体的な数値目標を設定し、取り組むことができていました。

「ゲーム時間を減らせなかった。」「早起きができなかった。」等の感想に対して、保健委員でアドバイスを考えました!

実際にリズムチャレンジを5年間以上行っている保健委員からのアドバイスは、児童にとって真似しやすいものとなっています。

保護者の皆様におかれましては、コメントの記入や低学年においてはチェックシートを一緒に書いてくださるなど、ご協力ありがとうございます。

保健室から                             
  小学校時代は、生活のすべてが、長い一生の土台作りにあたる大切な時期です。「心も体も健康で、明るく元気に過ごしてほしい」というのが保護者の皆様の素朴な願いだと思います。
 その思いを学校でも大切にしていきたいと思います。特に家庭と学校とが協力しあっていきたいと思っています。

保健室はこんなところです
○けがの応急処理をしたり、体調不良になったりしたときの休養するスペースがあります。
○健康診断を通して、自分の体を知ることができます。
○健康についての本や資料があり、体や健康について学ぶことができるところです。
○身体や心の健康について相談活動を行います。

保健室は、保護者の皆様のご理解・ご協力のもと運営されていくものです。お子さんの体や心の健康、成長について気になることがございましたら、遠慮なくおたずねください。

保健室からのお願い                  

①毎朝の健康観察を確実に行ってください。
 毎朝、健康観察をしていただき、発熱等の風邪症状がみられる場合は、登校を控え、家庭で休養してください。
 また、学校をお休みする連絡は、連絡アプリ「tetoru」に入力し、ご連絡ください。電話でのご連絡も可能です。

②保健室での処置は、応急的なものです。
 調子の悪いときや軽いけがについて、応急的な処置をしますが、投薬やご家庭でのけが、継続的な手当などはいたしかねますのでご了承ください。

 ③保護者の連絡先を確実にしてください。
 病気(回復に時間を要する場合)や、けが(医療機関を要する場合)などは、原則として保護者にお迎えに来てもらいます。
 そのため、できる範囲で連絡先をお子さんに話しておくか、メモに書いて渡して置くなどしておいてください。   

緊急時には迅速な対応ができるよう、ご自宅や勤務先の電話番号、携帯電話等、緊急連絡先などに変更があった場合には、その都度、速やかに小学校へのご連絡をお願いいたします。 

 欠席等の連絡方法について

 欠席等の連絡方法について改めてご連絡いたします。

 令和5年度途中から、連絡アプリ「tetoru」が導入されました。そのため、今まで配布していた「欠席・遅刻・早退届」は配布しません。欠席・遅刻・早退の場合は、「tetoru」に入力し、ご連絡ください。電話でのご連絡も可能です。

 また、病院で感染症(インフルエンザ・溶連菌感染症など)との診断を受けた場合は速やかに「tetoru」または電話で学校までお知らせください。

 なお、遅刻の場合は必ず教室まで保護者の方が付き添ってください。早退の際も同様で、教室や保健室までお迎えにいらしてください。正門で待ち合わせをすることは安全管理上、お断りをしております。

円滑な健康観察のためにも、ご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。